shuhelohelo’s blog

Xamarin.Forms多めです.

Visual StudioからワンストップでGithubにリポジトリをプッシュする手順

私の記憶が確かならば、Visual Studio 2017まではGithubリポジトリをプッシュしようと思ったら、予めGithubに空のリポジトリを作っておく必要があったと思います。

これはちょっとしたことですが、私は手間に思っていました。 プッシュ先のリポジトリも作ってよ、と。

それがVisual Studio 2019ではワンストップでリモートリポジトリの作成からプッシュまで行ってくれるようになりました。

私の記憶が確かならば。

20190521追記: 記憶が全く確かではありませんでした。

これは拡張機能GitHub Extension for Visual Studioの機能でした。

アホすぎました。

visualstudio.github.com

環境

(現時点の最新製品版であるver.16.0.3ではこの機能はまだない?)

手順(というほどでもない)

ということで、まずは拡張機能GitHub Extension for Visual Studioをインストールしましょう。

f:id:shuhelohelo:20190521104731p:plain

さて、インストールが終わったら、右下にある「ソース管理に追加」からGitリポジトリを作成します。

f:id:shuhelohelo:20190511161315p:plain

すると、いつもどおりチームエクスプローラーが表示されます。

f:id:shuhelohelo:20190511161401p:plain

ここで「Githubに発行」ボタンを押すと、Visual Studio 2019では以下のように表示されます。ここがこれまでとはちょっと違うところです。

f:id:shuhelohelo:20190511162003p:plain

プッシュ先のGithubアカウント、リポジトリ名(デフォルトではソリューション名)、プライベートリポジトリの選択をして「公開」ボタンを押せば、Githubに「WpfApp2」というリポジトリが作られ、そこにプッシュされます。

f:id:shuhelohelo:20190511162608p:plain

Githubで確認すると、リポジトリが作成されています。

f:id:shuhelohelo:20190511162936p:plain

とても便利です。 Visual Studio 2019はGitサービスとの連携が強化されてますね。

ありがたや。